~がしたい「I want to~ I’d like to~」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

idlike

14日目は「~がしたい」と言う表現を覚えます

前回は“ I want 欲しいもの ”または“ I’d like 欲しいもの ”で、~が欲しいと言う表現でしたね。

この表現の「欲しい物」の部分は物だったので“ 名詞 ”でしたが、その部分に「したいこと(動詞)」を入れると「~がしたい」という表現になります。

したい事を表現するには“ to 動詞の原型 (不定詞と言います)”なので

I want to 動詞の原型
I’d like to 動詞の原型

になります。

ちょっと回りくどい書き方をしてしまいましたが、自分が要求したいと思っている対象が“ 物(名詞) ”ではなく“ 動作(動詞) ”の場合は“ want ”の後ろに“ to ”が付くと覚えてしえばそれでOKです。

“ I’d like ”も同じで丁寧に言いたいときには“ I’d like to~ ”にします。

ここでちょっと不定詞と言うものに触れておきたいと思います。

文法は面倒ですが、ここだけは理解したほうがいいので必ず読んでください。

例えば“ 歩く ”と言う動詞は“ walk ”ですよね。

“ 泳ぐ ”は“ swim ”です。

では“ 歩くこと ”や“ 泳ぐこと ”と表現したい場合は何と書くでしょうか?

もうこれはあまり深く考えずにこう覚えてください。

~することと表現したい場合は“ to+動詞 (の原型)”

※本当は“ 動詞の原型+ing ”という表現もあるのですが今回は無視します。

文法用語では“ 不定詞 ”とか“ to不定詞 ”とか呼ばれているのですが、とにかく“ 前置詞のto ”とは別物と頭に入れておいてください。

I want to buy some souvenirs. 「お土産を買いたいんだけど」
I’d like to go to Roppongi. 「六本木に行きたいのですが」
I’d like to check my baggage. 「荷物を預かっていただきたいのですが」
I’d like to chenge Japanease yen. 「日本円に両替したいのですが」
Hello. I’d like to make a reservation for two people tonight. 
「もしもし、今晩2人で予約したいのですが」

ちなみに“ I want to ”は略して“ I wanna (アイワナ)”とか言われたりします。

さらに主語を略して“ Wanna go to lunch with me?(昼飯行かない?) ”など使われますが、非常に砕けた表現なので友人など親しい人以外には使わないほうがいいでしょう。

やはりスマートに使うなら“ I’d like to ~ ”を使いたいですね。

 
今日はこのフレーズを覚えろ!!

I want to check in. 「チェックインがしたい」
I’d like to check in please. 「チェックインしたいのですが」

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*