観光する時に使える英会話フレーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


海外旅行をする時にはどこへ行っても英語で会話をしなければなりませんが、日本で覚えていったとしてもとっさに出てこないことが良くあります。

そこで29日目は観光をする時によく使うフレーズを「これさえ覚えておけば万能だ」という感じでパターン化しておきます。

ですので、今日のフレーズは以前にもう何度か出てきてるものばかりです。

復習をするつもりで確認してください。

場所を聞く“Where is ~?”

まずは場所を聞く場合です。

知らない土地で観光する場合、地図をもっていても現地の方に場所を聞くことはよくあると思います。

とてもシンプルなフレーズなので覚えておくと良いと思います。

Where is ~?「~はどこですか?」
Where is the bus stop?
「バス停はどこですか?」

Where is の後に自分の知りたい場所をいれて質問してみてください。

よく聞く機会がありそうな場所の英語も併せてご紹介します。

train station(電車の駅)/the taxi stand(タクシー乗り場)/the subway station(地下鉄の駅)/the airport(空港)/the shopping mall(ショッピングセンター)/the police station(警察署)/hospital(病院)/information counter(案内所)/the art museum(美術館)/aquarium(水族館)/souvenir store(お土産屋)

お金に関するフレーズ

次にお金の支払いです。

海外ではお店で何かを買って支払う以外にも外貨への両替をする場合もあると思いますので、そのフレーズもご紹介します。

How much is it?
「いくらですか?」
Can I exchange?
「両替はできますか?」

これは外貨ではなく、小銭に変えるなど通常の両替時に使います。

Can I exchange foreign currency?
「外貨両替はできますか?」

日本円をドルに変えるときにはこちらのフレーズを使ってください。

道を聞く

観光をしていると道を聞くこともあると思います。

How can I get to the bus stop?
「バス停にはどのように行けばいいですか?」

場所はその時行きたい場所へ変えて質問してみてください。

How long does it take to get there?
「そこへはどのくらい時間がかかりますか?」

時間を聞いておくとその後の予定が立てやすくなると思います。

あの万能フレーズをここでもう一度

最後にどのような場合にでも使うことのできるフレーズをご紹介します。

I’d like to go to the souvenir store.
「お土産屋に行きたいのですが、、」

※I’d=I would

I would like toのあとはhave/get(欲しい)go to(行く)buy(買う)などをいれてその時の状況応じて伝えてください。

I want toを使っても問題ないですが、I would like toを使う方がより丁寧な言い方になります。

今日はこのフレーズを覚えろ!!

Where is ~?「~はどこですか?」
How much is it?「いくらですか?」
Can I exchange?「両替はできますか?」
Can I exchange foreign currency?「外貨両替はできますか?」
How can I get to ~?「~にはどのように行けばいいですか?」
How long does it take to get there?「そこへはどのくらい時間がかかりますか?」
I’d like to 動詞~「~がしたいのですが」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*