~してくれてありがとうございます「Thank you for~」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

thanks

3日目はありがとう!!の表現です。

お礼って日本でもとても大切なものなのですが、欧米でも同じように非常に大切なことです。

 

日本では会釈をすると大概感謝の気持ちが伝わりますが、欧米では会釈の意味が分からないことがあるので、「感謝しています」「ありがとう」と言葉でハッキリ伝えましょう。

通常はT“ hak you. ”でOKですが、丁寧に、強調してお礼をいいた場合は“ very much. ”をつけます。

 

まあ、このへんは記事にしなくても分かっていると思うので、念の為に書いただけです。

 

本日3日目に覚えていただきたい表現は

Thank you for~〇〇.  「~してくれてありがとうございます」

の表現です。

Thank you for your help.  「助けてくれてありがとう」
Thank you for your kindness. 「親切にしてくれてありがとう」
Thank you for coming. 「来てくれてありがとう」
Thank you for waiting fou me. 「待っててくれてありがとう」

などfor の後ろにありがとうの具体的な表現を入れます。

 

こちらが「どういたしまして」と返すときには

It’s my pleasure.  「どう致しまして」
Not at all. 「どういたしまして」
No problem. 「問題ありません」
It’s OK. OKです。」

なとと返せばOKです。

 
今日はこのフレーズを覚えろ!!

Thank you for your help.  「助けてくれてありがとう」

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*